wakon 和婚ネット東京 大阪エリア

芝店 03-6402-3833
  銀座店(ヒサコタカヤマ)03-6252-0880

白金氷川神社

■神前式料金:60,000円(※神社に奉納する初穂料です)
■三管演奏(33,000円)
■参列可能人数:30名まで

白金高輪駅3出口から徒歩約4分
白金台駅2出口から徒歩約10分
泉岳寺駅A3出口から徒歩約16分
〒108-0072 東京都港区白金2-1-7

【古き良き伝統を受け継ぐ神前式】

閑静な白金の住宅地の中にある白金氷川神社。神前式を行う社殿は、三方ガラス張りでとても綺麗な屋代です。社殿の周りを囲う回廊は、大正時代のものを移築されたと言われており、伝統のあるとても綺麗な社殿です。

神前式・挙式プラン

お電話でのお問い合わせ
TEL:03-5292-0880
資料請求・お問い合わせ 空き状況 問い合わせ

白金氷川神社の結婚式

2人だけの神前式、また家族親族だけの15名までの神前式の方にお勧めです。とてもアットホームな温かい神前式が挙げられます。

白金氷川神社近くの会食会場

挙式後は、白金氷川神社近くの提携会食会場で会食会も承っております。会場は多数ご用意しております。

白金氷川神社の歴史

白金氷川神社の御祭神素盞嗚尊は諸災害、大雨、洪水、山火事、厄病等の象徴である八岐大蛇を退治し給い、国土を安穏にして農業を始め諸産業守護繁栄の神・開運開発の神となられた。

時代は、下って、景行天皇の御代(1880年前)関東の経国を命ぜられた日本武尊御遠征の時、素盞嗚尊を勧請した武蔵の国一の宮大宮氷川神社の遙拝所として当所に白鳳時代に御鎮座された。

御蔭によってめでたく東国を平定されたことが求涼雑記に見える。江戸時代中期の明和9年(1772年)明和の大火により焼亡し、江戸後期に社殿が再建された。太平洋戦争末期の昭和20年(1945年)空襲によって江戸後期の社殿が焼亡した。現在の社殿は昭和33年(1958年)に竣工したものである。

PAGE TOP