和婚ネット

夢の神職!社長 川辺徹の本気ブログ

五倫

2018-08-28

五倫(ごりん)

8月も後一週間と言うことで、

今更ながら机の上の整理整頓

をしていると、昨年世田谷の

松陰神社に、参拝行った際に、

購入させて頂いた、『士規七則』

が目に止まる。

 

最初の一つに、

凡生まれて人たらば、宜しく

人の禽獣に異なる所以を知るべし。

蓋し、人には五倫あり、しこうして、君臣父子

(くんしんふし)をもっとも大いなりと為す。

故に、人のひとたるゆえんは忠孝を本と為す。

 

一つ、人間として生まれたならば、人間が鳥や獣と違う

条件をしらなければならない。思うに人間には五倫(ごりん)

 

●父子の親

父と子の間は、親愛の情で結ばれなくてはならない。

●君臣の義

君主と臣下は互いに慈しみの心で結ばれなくてはならない。

●夫婦の別

夫には夫の役割、妻には妻の役割があり、それぞれ異なる。

●長幼の序

年少者は、年長者を敬い、したがわなければならない。

●朋友の信

友は、たがいに信頼の情で結ばれなくてはならない。

 

の道徳理念が必要であって、

その中でも君臣の関係、父子の関係が最も大切である。

ですから、人間が人間として存在するための条件は、

忠と孝を基本とする。

 

吉田松陰先生26歳の時の文章になる。

 

今年、50歳になった私は、はたして、人間として

成長できているのか?五倫、鳥とも獣ともちがう

人間としての基本条件を実行により満たせているのかを

再度、確認、反省し。

明日から実行に少しでも移していけるように

気を引き締めて、秋をスタートします。