夢の神職!社長 川辺徹の本気ブログ

教科書で読む 神前結婚式

2020-07-17

教科書で勉強した神前結婚式について、

今一度、國學院で学んだ和婚ネット 白無垢教科書を紐解く。

コロナ禍において、復習の

良い機会である。

 

結婚式は、人生の慶祝すべき儀礼で、新郎新婦

が同心一体となり、偕老同穴の契りを結ばんと

するものである。

 

この一行、ぐぐと胸に刺さります。

『偕老同穴』良いですね==

 

結婚式は、新家庭を樹立し、新生活への

第一歩を踏み出す出発点となるので

あるから、最も意義深く執り

行はるべきである。

 

婚儀は、諾冉二尊が神慮を仰がれたように

「神がめあはせ給ふ」という信念の下に

執り行われるべきである。

 

神明照覧の下、神々に誓ってこの儀を執り行う

ことは、清浄明朗を尊ぶ我が国民性に最も

適合した儀礼といえる。『むすび』、『むすばれる』

ことこそ、神社信仰の大きな要素である。

 

神前結婚式に携わってきて、良かった!と思う。

 

恋愛結婚の多い現在、二人で約束し、結婚をするが、

その中に、孚誠の愛があり、むすばれる。結ばれた

者が、動かぬものとなることに、そして、両親や兄弟姉妹

親戚の前で結婚を誓い、神様に誓い、二人の人生を出発

するのである。

 

『幸せになる』と言う言葉を最近よく考える。

何が幸せかは、人それぞれであるが、一つの幸せの考え方に

考え方の主語が、「私が」や「あなたが」と言う他に、

「私達が」と言う二人が主語になることが、「幸せ」

「私達は、幸せ」と言える事が、幸せ。

 

相手を思いやり、相手は、自分を思ってくれることが、幸せ。

ここに、他には代えられない、幸せがある。

喜びも楽しみも全て、『私達が、』と主語で言えることが

最高の幸せとなる。