夢の神職!社長 川辺徹の本気ブログ

三歳のお祝着の被布(ひふ)は、披風から来た?

2021-02-13

三歳のお祝いに着る衣装は、被布

被布(ひふ)と呼ばれます。

 

厳密には、着物の上に羽織る部分を

被布と呼ぶのですが、お問い合わせ

には、「被布はありますか?」

と3歳児の衣装として聞かれます。

 

この被(ひ)は、かぶるとも読んで、

初めて衣類を着るとして、被り初め

(かぶりぞめ)のお祝いをお食い初めと

合わせてお祝いをされる家もあるようです

 

調べていくと、被布は、披風と書いて、

帯を締めないため、風に披く(ひらく)

が語源のようです。

 

人生儀礼としての七五三の初めの節目三歳のお祝い、

今日の原型は江戸時代のことといわれ、当時は、

武家や有力商人などの間で行われており、一般に広まった被布

のは、明治期に入ってからのことといわれています。

 

三歳の祝いの古い形とされる髪置き(かみおき)の祝い

古くは男女とも二~三歳の間に行われ、期日は正月、二月、

氏神の大祭の頃に行われました。それまでは、子供の髪を

たえず切ったり、剃ったりしていたものを、その日を境に

のばし始める儀式であったようです。

 

地方によっては、髪置きとも、櫛置きとも、髪立てとも

呼んだようです。

 

いずれにせよ、お子様が被布を着て、千歳飴を持ち、

ニコニコ笑顔で歩いていると、元気を、陽気を

もらいます。