東京ブログ

婚礼衣装 ~白無垢~

2020-04-10

婚礼衣装 ~白無垢~

 

○白無垢とは?

白無垢(白打掛)や色打掛は、一番上に羽織る着物の一種のこと。

室町時代に、上流階級の武家の女性が小袖の上に打ち掛けて羽織って着ていた物がはじまりとされています。
婚礼衣装として着用されるようになったのは、江戸時代。

武家の女性に限らず、裕福な女性が婚礼衣装として打掛を着用するようになり、

それが現代にも続いています。

○なぜ白なの?

日本の三原色である「白・黒・赤」のうち、白は太陽の光の色と考えられ神聖な色とされてきました。

生まれたときに着る産着は、亡くなった際に着る死装束も

古くから白い衣裳をまとうときは大切な瞬間であり、

純粋さを象徴するイメージ=花嫁衣装の定番となったそうです。

 

 

神聖な白い衣裳は身の清浄を表しており、神聖な儀式を行うにはぴったりの花嫁衣裳ですね。

 

和婚ネット銀座店

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目8-20
(銀座クチュールナオコ銀座本店内)

TEL:03-6402-3833

OPEN:平日 11:00-20:00/土曜日 10:00-20:00/日・祝 10:00-19:00

定休日:火曜日・木曜日(祝日は営業)

  • 地下鉄銀座線「銀座駅」A13番出口 徒歩5分
  • 地下鉄有楽町線「銀座一丁目」9番出口 徒歩3分