東京ブログ

婚礼衣装 ~柄の意味~ 鶴

2020-04-15

婚礼衣装 ~柄の意味~

今回は、白無垢や色打掛など、婚礼衣装に使用されている柄についてのお話です。

 

結婚式で着用する衣裳には「吉祥文様」が使用されています。

吉祥文様とは、縁起が良く、不老長寿を願う柄付けのことです。

 

婚礼衣装によく使用されている柄をご紹介させて頂きます。

色打掛 奉鶴陽寿

○鶴○

「鶴」は長寿の鳥としておめでたいとされています。

立ち姿も飛び交う姿も優雅で気品があります。

 

花嫁衣裳に多く描かれている理由は、

「一度夫婦になったら生涯相手を替えずに過ごす」ことからです。

 

 

「つがい」で協力して子育てをする姿は、夫婦のお手本にもなりますね。

 

 

家族結婚式をフルサポート

和婚ネット東京 芝店

東京都港区芝公園4-8-10(芝東照宮社務所内)

TEL:03-6402-3833

OPEN:10:00-19:00

定休日:不定(HPご確認ください)

  • 都営地下鉄三田線 芝公園駅下車 A4出口すぐ
  • 都営地下鉄三田線 御成門駅下車 A1出口より徒歩2分
  • 都営地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅下車 A6出口より徒歩5分
  • 都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅下車 赤羽橋口より徒歩7分
  • JR山手線 浜松町駅下車 徒歩12分