東京ブログ

婚礼衣装 ~柄の意味~ 扇・檜扇

2020-04-18

婚礼衣装 ~柄の意味~

 

本日は、「扇」の意味をご紹介します。

◇扇・檜扇◇色打掛

「扇」は末が広がることから吉兆の意味になぞらえ、縁起の良い文様とされています。

扇面の中に草花など様々な文様が入っていることも多く、雅な雰囲気が魅力的です。

檜扇は、十二単を身にまとった位の高い人しか持つことが出来なかったことから、

富の象徴としても用いられます。

 

「扇面(せんめん)」「末広(すえひろ)」なども扇文様です。

 

優美な雰囲気をお好みの花嫁様へおすすめです。

 

和婚ネット銀座店

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目8-20
(銀座クチュールナオコ銀座本店内)

TEL:03-6402-3833

OPEN:平日 11:00-20:00/土曜日 10:00-20:00/日・祝 10:00-19:00

定休日:火曜日・木曜日(祝日は営業)

  • 地下鉄銀座線「銀座駅」A13番出口 徒歩5分
  • 地下鉄有楽町線「銀座一丁目」9番出口 徒歩3分