東京ブログ

「芝東照宮」と「芝とうふ屋うかい」の結婚式

2021-04-14

 

和婚ネットが芝東照宮に移転をしてから早2ヶ月。

桜満開の4月上旬に結婚式のお手伝いさせていただきました。

芝東照宮の桜動画はこちら

新郎新婦は和婚ネットの事務所にてお支度を行い、そのまま控え室へ。

ここでリハーサルや親族紹介が行われます。

芝東照宮は徳川家康を祀る神社なので、立派な肖像画が飾られています。

ゲストに見守られながら御社殿に向かいます。

     挙式は、神主さんが参加者全員に清めのお祓いをしたあと、

新郎新婦がご神前で夫婦となる三献の儀が行われます。

     お神酒を通じて新郎新婦が結びつくという最も大事な儀式。

     ゲストに見守られながらの指輪交換。

神前式の場合、厳粛な雰囲気で行われるため、皆さん無言となりますので、

飛沫等が拡散する確率は非常に低いです。

     リングピローは、新郎新婦お持ち込みのオリジナルピロー。

紋付と白無垢が可愛らしいですね。

新郎新婦が夫婦の契りを交わしたあとは、参加者全員で親族固めの盃を行います。

全員がお神酒を飲むことで、新郎新婦だけでなく、両家の親族がお神酒を通じて結ばれ、

親戚同士となり、新しい家族が誕生します。

新しい家族の誕生をお祝いしての集合写真。桜が綺麗ですね。

挙式後の1枚。緊張もほぐれてテンション高めの笑顔いただきました。

会食会場は、東京タワーのお膝元にある、東京芝 とうふ屋うかいです。

 

     うかいのお庭で写真撮影をしたら、新郎新婦はお色直しに入ります。

     お色直しの支度中に、披露宴会場では受付が始まっています。

受付は、ご両家のご親戚に担当していただきました。

受付前には、アルコール消毒もご用意してます。

     高砂のテーブル装花。オレンジのダリアがこだわりポイントです。

     お色直しで色打掛に。うかいの中庭にある枝垂紅葉での写真。この後はいよいよ披露宴開始です。

     高砂でのスナップ写真。こういう時は、遠慮せず積極的に新郎新婦のまわりに集まりましょう。

     披露宴の演出として、お子様達にお礼のプレゼント。

新郎が小さいころに参加した結婚式で、同じようにプレゼントをもらったそうです。

今回はそれを再現して、未来の新郎新婦にバトンを繋ぎました。

     プレゼントの中身はおもちゃのブロックでした。子供達をどうやって飽きさせないようにするか、

が結婚式成功のポイントですね。

     新郎新婦のテーブルまわり。皆さんのところにご挨拶に行き、グループごとに写真を撮ります。

テーブルには飛沫防止のアクリル板が設置してあり、感染対策もバッチリです。

     両親への記念品は、花束とオリジナルの扇子でした。

今回は、感染対策をしっかり施したうえで、結婚式の実施をさせていただきました。

親族のみの参加ということで終始和やかに進行いたしました。

ご結婚おめでとうございます!!

和婚ネット銀座店

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目8-20
(銀座クチュールナオコ銀座本店内)

TEL:03-6402-3833

OPEN:平日 11:00-20:00/土曜日 10:00-20:00/日・祝 10:00-19:00

定休日:火曜日・木曜日(祝日は営業)

  • 地下鉄銀座線「銀座駅」A13番出口 徒歩5分
  • 地下鉄有楽町線「銀座一丁目」9番出口 徒歩3分