東京ブログ

古事記の神話で神社めぐり

2021-04-20

古事記の神話は今につながる日本のはじまりのお話で

現代と比べながら読んでみるとなかなか面白い。

 

何もない空間に体も存在しない神として現れたのが

いざなぎのみこと(男)と いざなみのみこと(女)。

とっても不思議な始まりですが・・・

この二柱(神様は何人と数えるのではなく柱だそう)は

土地の神、海の神、木の神、を生みだし、火の神を生んだとき

いざなみのみことは大やけどをし亡くなってしまいます。

悲しんだ、いざなぎのみことは黄泉の国(異界)へ迎えに行きます。

そこで絶対に見ないでと言われていた部屋を覗き、変わり果てた醜い

いざなみのみことの姿を見て逃げだします。

約束を破り、自分の姿を見たいざなぎのみことに激怒し追いかけます。

この時いざなみのみことは「あなたの国の人を千人殺す」と言い

いざなぎのみことは「ならば千五百の産屋を建てる」と返しお別れをします。

この後、黄泉の国のけがれを祓うため禊を行い

左目を洗ったら天照大御神(あまてらすおおみかみ)

右目を洗ったら月読命(つくよみのみこと)、鼻を洗ったら須佐之男命(すさのおのみこと)が生まれた。

神の世界は左が上位とされている為、左目から生まれた天照大御神が格上で

その天照大御神(伊勢神宮内宮の御祭神)が祀られているのが芝大神宮です

 

暖かくなってきたので、古事記の神話を思い浮かべながら神社めぐりも楽しそうですね。

 

 

 

和婚ネット銀座店

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目8-20
(銀座クチュールナオコ銀座本店内)

TEL:03-6402-3833

OPEN:平日 11:00-20:00/土曜日 10:00-20:00/日・祝 10:00-19:00

定休日:火曜日・木曜日(祝日は営業)

  • 地下鉄銀座線「銀座駅」A13番出口 徒歩5分
  • 地下鉄有楽町線「銀座一丁目」9番出口 徒歩3分