居木神社

格式高い厳粛な神前結婚式

■神前式料金:50,000円(※神社に奉納する初穂料です)
■三管演奏(30,000円)
■参列可能人数:40名まで
■本殿内控え室(桜湯のご用意付き)
11/25(日)15時~【平成駆け込み婚】相談会の詳細へ>>
挙式お支度プランの詳細へ>>
■1月2月挙式は土日祝のプランの追加料無料!


【格式高い厳粛な神前結婚式】
愛と希望に満ちたお二人の出発に相応しい真心込めた儀式が執り行われる居木神社にて、是非心に残る神前挙式を!
平日限定の奉告祭+和装ローケション撮影のプランや二人だけの結婚式も承ります。
家族・身内・友人中心の少人数の結婚式をお考えの方に人気の神社です。芸能人の結婚式やドラマ撮影にも選ばれています。


12/2(日)【芝とうふ屋うかいプチブライダルフェア開催】

アクセス

居木神社の結婚式

新副都心の大崎駅から程近い閑静な住宅街に鎮座する大崎鎮守 居木神社は、風そよぐ心地よい空間であり都会の中の緑豊かな心のオアシスです。格式高い厳粛な神前結婚式では、お二人の幾久しい幸せ、御両家の繁栄を祈念する祝詞が奏上されます。

また、提携レストランやホテルが多数ございますので、挙式後の会食やパーティーもお得なパックプランでご提供可能です。お気軽にお問い合わせください。

11/25(日)15時~家族婚相談会の詳細へ>>

居木神社近くの会食会場

居木神社の歴史

ご創建の年代は明らかではありませんが、古い記録によりますと、往古鎮座の地は武蔵國荏原郡居木橋村(現在の山手通り居木橋付近)に位置していたようです。

当時は「雉子ノ宮」と称され、境内には「ゆるぎの松」と呼ばれた大木があったと伝えられています。 江戸時代の初期、目黒川氾濫の難を避けるために現在の社地に御動座されました。

その折、村内に鎮座の「貴船明神」「春日明神」「子権現」「稲荷明神」の4社をあわせてお祀りし、「五社明神」と称されました。 元禄郷帳に居木橋の石高は230石余、72戸で頭屋(年番)による運営がなされ、郷土の崇敬は篤く祭事は盛んで特に里神楽を催し、秋の大祭には他村よりの参詣も多く社頭は大変賑わったと記されております。

居木神社オフィシャルサイト