• 結納顔合わせ

顔合わせ食事会・結納のご案内

顔合わせ食事会・結納の人気会場は「料亭」。芝とうふ屋うかい・なだ万などの顔合わせ食事会・結納について、「違いは?」「両方やった方がいい?」「予算は?」などご質問ください。日本の伝統的な婚約の儀式『結納』。関東で執り行われる結納のポイントをおさえたプチ結納などご提案いたします。

顔合わせ食事会・プチ結納について

  • 結納と顔合わせの違いは?

    顔合わせ食事会は、食事を楽しみつつ親睦を深めて、今後の予定や両親の要望を確認することができる機会となります。結納は、日本の伝統的な婚約のかたちで、色々な品物をお相手に贈ることによって両家がお互いを家族として認め合う儀式です(詳しくは↓ご覧ください)。

     

  • 両方やった方が良い?

    両方の良さを知っていますので、両方をお勧めしてます。かしこまりたくないと言うご要望からプチ結納をご提案しています。進行としては、①はじめの挨拶⇒②両家挨拶⇒③結納式⇒④婚約記念品のお披露目⇒⑤記念撮影⇒⑥乾杯・食事⇒⑨お開き に皆さんの個性をプラスされていますよ。

  • 予算は?

    食事のご予算はお一人1~2万円で6名様基本ですが、ご両親だけでなくご兄弟も同席されたりする場合も珍しくないです。芝とうふ屋うかいの『顔合わせ結納プラン(19万円税込)』はお食事6名様分・お部屋・結納品・お写真が含まれていています。この他にヘアセットや着付などご要望に合わせて手配承ります。

     

  • 当日の服装は?

    振袖をお召しになることは多く、成人式の着物やお母様から譲り受けた着物などはもちろん、訪問着をお召しになる方もいらっしゃいます。年齢や個性に合わせて選ばれています。ワンピースとスーツでまとめる方もいらっしゃいます。女性は白や爽やかなお色味の傾向はございます。装いについても、ご両家で事前にご相談されてフォーマル感は合わせることをお勧めしています。

     

  • こんな方に結納はオススメ

     進行も考えて、しっかりと段取りしたい
     「食事会」以上「結納」未満でプチフォーマルに行いたい
     両親の顔合わせ食事会・結納は、料亭でしたい
     結納の進行のことや写真撮影の相談相手が欲しい
     料亭での顔合わせ食事会・結納について知りたい

  • 正直いろいろ迷っている・・・という方も、まずはご相談くださいね。
    家族結婚式相談会に参加いただくとより芝とうふ屋うかいのことが掴めますよ。
    詳しくはお電話にてご質問ください^^

    03-6402-3833
    和婚ネット芝店アクセスへ>

結納とは・・・

  • 結納は、『結婚』という大きな節目を前に、二人の気持ちを初めて公にする美しいしきたりです。日本の伝統的な婚約のかたちで、色々な品物を相手に贈ることによって両家がお互いを家族として認め合う儀式です。

  • 関東の結納について

    関東式結納は東日本地域で使われます。9品が本式で、7品、5品の略式があります。結納飾りは関西式に比べて簡素で、横長の白木台にのせます。 結納は男性側、女性側がそれぞれ同格の結納品を用意しお互いに「取り交わす」形が取られます。結納金は男性側が納めた「帯地料」の半額を「御袴料」として新郎側へ返すのがしきたりです。

    なお以前は寿留女・子生婦・勝男節は現物を使用されていましたが、現在はそれに代えて相当額のお金を入れられる場合が多くなっています。結納品にお土産など特に付け加える習慣はないようです。

    【関東・東北地方】

    関東式結納を使用します。結納飾りは9品、7品が一般的に用いられます。一部の地域では女性側から結納品を納める代わりに受書を出すところがあります。結納品にお土産など特に付け加える習慣はありません。

    【甲信・東海地方】

    関東式結納を使用します。結納飾りは9品、7品が一般的で、お土産など特に付け加える習慣はありません。

  • 正式な結納品